AKB総選挙

AKB48からのソロデビュー

初めてAKB48からソロデビューしたのは、当時総選挙でも上位にいた板野友美です。今は神7からは落ちましたが、それでも総選挙では上位に来る人気者です。彼女は男性からの支持も高いですが、女性層からも可愛いと評判で高い支持を得ています。デビュー発表はメンバーにも最初は知らされておらず、AKB48の握手会の時に会場内で急にプロモーションビデオが流れて皆の知る所となったそうです。この発表に驚きながらも皆エールを送ったそうです。彼女のツンデレキャラ、ファッションセンス、女性ファンの多さがソロデビューに至ったみたいです。板野友美は安室奈美恵やBoAが好きと言う事も有り、作詞作曲を手掛けた秋元康氏は『Dear J』と言うクラブミュージック的なダンスナンバーの曲を提供しました。これによって板野友美のメディアでの露出が増える事になり、人気も上がってくる様になりました。その後は前田敦子がソロデビューしましたよね。また指原莉乃や渡辺麻友もソロデビューを果たし、総選挙では上位を脅かす存在となりました。先日、2011年、2012年と総選挙で3位になった柏木由紀がソロデビューする事となりました。AKB48を足掛かりに更なる夢を達成させる為にはソロデビューはいいチャンスと言えそうです。ソロデビューしてしまうと、なかなかAKB48劇場で公演する機会も減ってきますのでファン的には寂しくなると思いますが、今後更なる成長をしていく為にも見守っていきたいし、今後どんな人がAKB48からソロデビューをしてスターになっていくのか注目したいですよね。

 AKB48からのソロデビュー 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi