AKB総選挙

AKB48について

今や国民的アイドルとなって見ない日は無いとまで言われているAKB48。総選挙等、何かと話題ですよね。そんなAKB48は「会いに行けるアイドル」と言うコンセプトを携えて秋葉原にあるAKB48劇場にて2005年冬に誕生したアイドルになります。「AKB」と言うのはAKB48劇場がある「秋葉原」の略となっています。「48」については色々諸説がある様ですが、当初集めようとしていた人数の事だと言われています。そんなAKB48を誕生させたのは数々のアイドルを誕生させ、色んな作詞・作曲を手掛けている秋元康氏でした。秋元氏はAKB48の楽曲すべての作詞を担当しています。またグループがどうあるべきかと言う方向性も決めているそうです。これはAKB48だけではなく、姉妹グループ全てにおいてだそうです。今は選抜総選挙等も行い、飛ぶ鳥落とす勢いが有りますが、グループ発足当時は注目度が低くAKB48劇場のこけら落としに来てくれた観客は7人しかいなかったそうです。この話は伝説とまでなり、AKBの楽曲の中にも盛り込まれているみたいです。最初数年間は全く人気が出ずその事に悩んでいたみたいで、一時期はグループ存続の危機にまで行ったことが有るみたいですが、徐々に人気が高まっていき、2009年に発売された『RIVER』と言うシングル曲で初のオリコン1位を獲得した事をきっかけに大ブレイクしました。その後の活躍は知っている方も多いと思いますが、飛ぶ鳥落とす勢いで成長していっています。2012年にはシングル売上で100万枚を達成したほとんどがAKB48と言う快挙まで達成しているのです。

 AKB48について 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi